FC2ブログ
From a Black Hole
心に空いた 漆黒の闇から ひゅうひゅうと 風が吹いてきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「わたし」が死んだ日
今日
私は 自殺 に失敗しました。
そこで
記念に 生まれて初めて
「ブログ」なるものを 書こうと思いました。


きっと 自殺しようとした時点で
「わたし」は 一人死んだのでしょう。

そして
失敗した私を見つけた
「かぞく」も 殺したのでしょう。


そうやって
「わたし」や「かぞく」が
どんどん 削られ 砕けて いかないように

これからは
風が 切りつける 冷たさや
砂利が 足の裏に食い込む 痛さと

向き合って 折り合って
存在し続けなくてはと
思いました。
スポンサーサイト

テーマ:自殺 - ジャンル:心と身体

曲がったカーテンレール

私の部屋の カーテンレールは曲がっている

だから カーテンがちゃんと 閉まらない

途中でひっかかって 止まってしまう

だから カーテンは いつも 洗濯バサミで 止めている


私の重さに耐え切れなかったんだね

私自身も 私の重さに耐え切れなかったから


カーテンを閉めるたび あの日のことを 思い出す


テーマ:自殺、自殺未遂 - ジャンル:心と身体

川が呼んでる
バイトの帰り道
呆然と夜の街を 駅へ向かっていると
いつも通る橋の上へさしかかった

何気なく を眺めると
夜の面が ぬらぬらと 
漆黒とネオンで 交互に光るのが見えた
「綺麗・・・」

橋の欄干に手をかけ
柵の下部に片足をかけて 
よじ登ろうとする私が居た

通行人もたくさんいて
はっと気づいて 足を下ろした

ただでさえ 休んでばっかりで 
迷惑をかけっぱなしのバイトなのに
バイトのビルのすぐそばで 
バイトの帰りに投身自殺なんかされた日には
迷惑どこの話じゃないと思いとどまり 
家へと向かった


帰途 だんだん 私が 壊れていくのがわかった

自分の人生が どんどん散らばっていって 
もう自分では拾いきれないと思った

自分自身を もう 自分では 
コントロールできないと感じた

思考がだんだん麻痺していく

泣きながら自転車を漕ぐ



家へ着く頃には 
ただひたすら あのの水面が忘れられず 
やはり あそこへ戻ろうと思った


ルーズリーフに走り書きで 書置きを玄関に残し
元来た道を引き返した

が呼んでる・・・」



駅に着いた時点で 
両親から電話がかかって来た
「お願いだから待って」と

泣きながら「行かせて」と頼んでいる間に
追って来た両親に家へと連れ戻された


本当に親不孝者だと
思うほどの余裕すらなく
ただ あのの あの ぬらぬらとした水面が 恋しかった

私はひたすら 
が呼んでるから」
と繰り返しては泣いた


光を嫌い 真っ暗な玄関のマットの上で泣いている私に
母親は あったかい紅茶とワッフルを持たせ
ワッフルを細かくちぎっては 
私の口の中に押し込んだ

でも 心が凍っていて
両親の気持ちや自分の行動の意味まで
思考が及ばない
本当に親不孝者だ



明日のバイト
帰り道

また 川に呼ばれはしないかと
それが心配だ


呼ばれたら 今度は 
川の胸元に飛び込んで行くんだろう






テーマ:自殺、自殺未遂 - ジャンル:心と身体



プロフィール

N.Noir

Author:N.Noir
ブラックホールは 本当は 地球や太陽とかと同じ 天体の一種 なんだって。
でも、その重力に 絶えられずに 崩れてしまうそうな。
崩れた天体は その重力ゆえに あたりのものを 次々 吸い込んでしまう。
これが ブラックホール。

でも、太陽なんかと比べ物にならないほど明るい天体 クエーサーは 実は ブラックホールの 一種だという・・・




最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。