FC2ブログ
From a Black Hole
心に空いた 漆黒の闇から ひゅうひゅうと 風が吹いてきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河原に居る

私は河原に居て
川を眺めてる
河原にはたくさんの石があって
私はその上に立ってる


私の中身はアメーバーのように ぐにゃぐにゃしながら
形を触手のように伸ばして 私の外身から飛び出そうとする

私の外身は必死にそれを抑えている
人型を保とうとする私は 不自然に動き
ある種 滑稽で
ある種 奇怪で

異形のものと なりつつある




スポンサーサイト

テーマ:こわい - ジャンル:心と身体

胃液逆流

「河原
http://nnoir.blog71.fc2.com/blog-entry-106.html
を書いていたら
気分が悪くなってきた

吐きそうになって 胸を押さえる

ふと気を抜いた瞬間に 胃液が逆流した
慌ててトイレへ駆け込む

何度もつばを吐き 水でうがいをくりかえす

その後 水を飲んだり のど飴をなめたりしても
喉のヒリヒリが 辛くてしょうがなかった


とにかく 水を飲む


少し収まってきたら 今度は強烈な眠気が襲って来た

一昨日のODの影響が 今になって現れたのか
布団に包まり 寝続ける


起きては 眠り
また寝ては 起きる
そしてまた 眠る


気づけばまた 2日ほどが過ぎていた







テーマ:壊れそうな心 - ジャンル:心と身体

切れた紐
切れた紐を 必死に 結ぼうとしている
一本の縄になるように
なんとか つなごうと している


もう 無理かもしれないと思うと
涙が 溢れてくる


途切れてる 縁が 哀しくて仕方が無い
どうしても あきらめられなくて

あきらめて 手を離しては 立ち去るけど
また 振り返り 戻っては
紐を拾い上げ 握り締めては 泣きじゃくる


もう あきらめるべき?
もう 忘れるべき?


ただ 哀しくて
ただ ただ 胸が痛む


だから 今日も 紐を握り締めて

泣きながら 眠る
 




テーマ:不安定な心 - ジャンル:心と身体

Calling
わけがわからない

どうしてこうなったのか

どうしてこうあるのか


あっという間のできごと


気がつくと

ひとり


元に戻そうとしても

もう戻らない



呆然としていることしかできない


先へ進むことも

後へ戻ることも


すべて 固まったまま









テーマ:不安定な心 - ジャンル:心と身体

ガラスの器
落としてしまった
ガラスの器を


もう 元には戻らない


たとえ どんなに泣いても
その涙が 器を満たすほどに泣いたとしても

器の形を取り戻すことは無い


せめて 
日の光と時間が
割れた破片を新たなオブジェに変えてくれるのを
待つしかない


それでも
元の器は 戻らないけれども





テーマ:不安定な心 - ジャンル:心と身体

疲れた
なんだか疲れた


バイトは首

お金もうない

せっかく去年一年で貯めたのに

買い物依存症が治らない

でも 買い物しなきゃ ストレスの持って行き場がない

将来どうなるの?

見えない

見たくもない


もう どうでもいい

もう 疲れた

もう 嫌だ


わがままなのは 百も承知です

でも もう疲れた







テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

泣きながら歩く
自分でも限界は感じていた
諦めたくはなかった
なにより
もらったものを
まだ 返してない
人として もらったものを


でも 
肩をたたかれた
自分でも限界は感じていた
諦めざるを得なかった


「ありがとう」

「ごめんなさい」


いつか 縁があれば・・・

そう思うことで 自分の心をなぜてやる


私は ここを 立ち去る

立ち去った後も
涙は止まらない
この歳になっても 
まだまだ 泣きながら 街を歩く

格好悪いのは よくわかってるけど
涙が止まらないから 
泣きながら 街を歩く








テーマ:今日の出来事 - ジャンル:心と身体

久しぶりに風が吹く
目の前に空いた穴から 風が吹く

私の立っている場所は真っ暗

未来は見えない

過去もかすんでいる

記憶はあやふや

死にたくても死ねない

きっと今首を切っても 次の首が生えてくるんだろう

きっと こうやって 記すことしかできない私は

社会的に 孤独 なんだろう

立ってる足は しびれて だるい

座りこんでもいいですか?

「でも 進まなくていいの?」

いいんです

もう 進むことは とおの昔に諦めましたから

誰の後ろ姿さえ 見えない

道さえ見えない

そんな中で マラソンを続けるほど

私は 強くない

でも それを 乗り越えるほどのエネルギーも

とおの昔に枯れ果てた

「さようなら」

言えたら どんなに楽だろう

本当の孤独でないのに

「孤独」だと思う私は

罰当たりで 

やっぱり 孤独 なんだろう




テーマ:不安定な心 - ジャンル:心と身体

飛ぶ
もし 私が 飛ぶのが 怖くなかったら

落ちる感覚が 怖くなかったら

フリーフォールが 怖くなかったら


話は もっと 簡単だったのに



人は 遠巻き

でも そうさせたのは

きっと 私自身 なんだろう

私の周りのドーナツに

入ってくる人は もう いない



だから

もし 私が 飛ぶのが 怖くなかったら

きっと

話は もっと 簡単だったのに






テーマ:自殺したい人 - ジャンル:心と身体

やつあたり
頭が痛い

何時間眠ってたんだろう

無償にイライラする

暑い

すべてがめんどくさい

どうでもいい

そういっていられるほど恵まれてるのもわかってる

でも

なんかもうどうでもいい

みんな敵ではないけど

味方でもない

罰あたりなセリフ





テーマ:もういやだ - ジャンル:心と身体

どこでこうなっちゃったんだろう


あたしは道を踏み外した

そしてまだ、道ならぬ道を這いずり回っている

皆は それぞれの道を行く

「道」を


私には ないものねだりなのかもしれない

でも 「どうして こうなっちゃったんだろう」と

思わずにはおれない

私が 悪いんだろうか


「たら・れば」の連続

だけど、結局は私が招いたことなのだろうか


もう いいかげん リタイヤしたい

もう 堕ちるとこまで堕ちた

「じゃあ 上がるだけ」なんて都合のいい話で

堕ちた先には 魑魅魍魎がうごめいてる


もう 死にたい

何度 そう言って困らせたことか

でも これ以上続けても 

しんどくなる以外を思いつかない


「死にたい」といいながら、薬を飲みつつ

のうのうと暮らしていけるほど

世の中は甘くない


現実と肌を合わせることができなければ

死ぬ以外ないと思う私はまちがっているのだろうか




テーマ:自殺したい人 - ジャンル:心と身体

曲がった鉄のパイプたち
今 目の前にある 曲がった鉄のパイプたち


昔はまっすぐに伸びて

今にも エンジンになろうとしていた

今にも 機械になろうとしていた

今にも 世界の一部になろうとしていた



今は 無残にも 曲がりくねって 

重なって

溶けて 

冷えて 

くっついたまま 離れない


今はただの ポンコツ

今はただの 粗大ゴミ



溶かして もう一度

再生してみようと

なども試みたけど

無理だった


捨てようと思った

でも 捨てるのは許されなかった

捨てきれもしなかった



しょうがないので そのままで 

使い道を考えてみるしか ない


オブジェ? 子供のおもちゃ?

なんでもいい

その存在が 許されるのならば

その存在が 受け入れられるのならば







テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

風が吹く
久しぶりに 

風が吹いた

目の前の ぽっかり空いた穴から


副題にあるのと 同じ


からっぽで 

うすら寒くて

とにかく

不安だった


未来が

その言葉のごとく

「未だ」 「来ず」 なことを

肌で感じてる瞬間







テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

再び コクーン
理由はわからない

でも 気づくと 2日 経っていた

その間 ひたすら 眠っていた

布団に丸まり

ただ ひたすら 眠る

風呂にも入らず

目を覚まして

食事と排泄だけしては

また 眠る


今回は 何が 原因なんだろう

わからない

でも コクーン状態になるということは

何かで 手負いになったことは

確かなんだろう




テーマ:ひきこもり - ジャンル:心と身体

ダイエット
寝てばっかり

目を覚ました合間に食べる 食べる 食べる

また眠る

目を覚ました合間に食べる 食べる 食べる

また眠る

当然 太らないはずがない


昔なら

胃を壊して食べなくなるところだが

薬で胃が丈夫になってしまったので

こんな生活でもしっかり栄養を吸収してしまう


・・・ダイエットしなくちゃ


買い物依存症で買った服さえ着られなくなったら

ほんと しゃれにならない




テーマ:ひきこもり - ジャンル:心と身体

方法
心のどこかに隙間がある

(それが 表題のブラックホールなわけだけど)


そこでは

常にお腹をへらしていて

寂しくて

両手を伸ばして求めている

「欠片を! ここにぴったり合う欠片を!」


でも

それと同時に

心は いつも 吐き出そうとしてる

中のものを

私自身を

そうしないと

爆発しそうになる

「形にして! 出して! ここから出して!」


なんなのか

まだ わたしにもわからない


ただ

ずっと

これまでずっと

求め続けてきた


その

道を

方法を





テーマ:幸せになる方法 - ジャンル:心と身体

大人
小さい頃

6年生ってすごく大人に見えた


中学生の頃

20歳になったら成人するんだと思ってた


大学生の頃

今の歳には、 職を持ち 結婚をし 

社会の一員として 組織の一端を担う 

大人っていうものになっているんだと思ってた



私は

いつになったら

大人になれるのだろう







テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

段ボール箱の中で
狭い!!

なにこれ?!

なんで わたし こんなとこに居るの?


ちょっと 出してよ!!

出してるって言ってるじゃない!

わたしは こんなところには居ない!

こんなところには居られない!


ダンボールなのはべつにかまいやしない

この四角い箱が 許せないだけ!!

嫌!!!


   
    暴れる

    激しく揺れる箱

    中からひしゃげてくる

    ボスッ!!
  
    ドッス!!!

    穴があいた

    ボゴッ!!

    ボゴガッ!!




破れて 崩壊していく段ボール箱






テーマ:壊れそうな心 - ジャンル:心と身体

墓標
自分の 道は

前も 後ろも

ブリックロードで 輝いててほしかった

だけど

目の前の道が 道ですら見えないのはともかくとしても

振り返ると

今まで来た道に

墓標ばっかりが

ぽつん

ぽつん

と見えるのには

なんだかなぁ

とやるせなく

思う




テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

暗がり
暗がりを

独り 歩く


足元が フワフワする


涙が なんでか 出てくる


呼吸が 早くなる



私は どこへ 行くのだろう




次の 停留場は どこ?





テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体



プロフィール

N.Noir

Author:N.Noir
ブラックホールは 本当は 地球や太陽とかと同じ 天体の一種 なんだって。
でも、その重力に 絶えられずに 崩れてしまうそうな。
崩れた天体は その重力ゆえに あたりのものを 次々 吸い込んでしまう。
これが ブラックホール。

でも、太陽なんかと比べ物にならないほど明るい天体 クエーサーは 実は ブラックホールの 一種だという・・・




最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。