FC2ブログ
From a Black Hole
心に空いた 漆黒の闇から ひゅうひゅうと 風が吹いてきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の出来事
午前0時

左足に5本 赤い線
まだ前の後が 消えきってない上から
切った
いつもどおり にじむ程度
あいかわらず この程度

でも 収まらず
初めて 腹を切った
悔しいかな 脂が乗っているので
ほとんど ただのかすり傷

もう 死のうと思った

でも 残される家族のことを思えば絶対死ねないと思った
あんなに大事にしてくれてるのに
それを私が恩返しこそすれ 仇で返すなんてできない


狂った頭で考えた


ネットで「命の電話」を探した

かけてみた・・・・

「おかけになった番号はただいま・・メモリがいっぱいでお受けできません」


違う番号にかけてみた・・・

「ツー ツー ツー」


近隣の地区のにもかけてみた・・・

「この番号は現在移転しております」


別の地方自治体・・・

「この電話は朝〇〇時から●●時までのご利用となっております」


涙が出てきた
なにが「命の電話」だ
かかったためしがない
「あなたは一人じゃない」って 誰も助けてくれないじゃない
画面に映る 優しげなキャッチフレーズが どれも偽善に思える

「うそつき・・・」

泣きながら毒づいた
さっきからのボルテージは下がる気配が無い
このままじゃ・・・まずい・・・なんとかしないと


また狂った頭で考えた


自殺したとして 行くのは病院
ネットで 精神科の夜間救急患者受け入をやっている病院を探した
住所、番号をメモって 保健証と有り金を鞄に詰めた
着替えて 家を出る


雨が降っている
タクシーをつかまえた
病院の住所を告げる
闇の中を飛ばし気味のタクシーは
まるで 落下しているような感覚だった
私は 飛び降り自殺を想った

病院に到着
病院は門が閉まっていた
電気はついているが 丈夫な柵が張り巡らされている
門をガタガタ言わせても 誰も気づかない
乗り越えようと よじ登ったが
つっかけが 災いして すべって登れない

病院の電話番号を押した
「もう一度お確かめの上 おかけ直しください」
雨の中 呆然とした
ここまで来たのに

再び考える

とうとう押した

「119」


「火事ですか?救急ですか?」

「すみません、今、××病院の前にいるんですけど
 ここって精神科の夜間救急受付してないんですか?」

「やってません」

耳を疑った

ちゃんとネットで調べたのに・・・

「じゃあ他に精神科で夜間救急受け入れをしている病院は・・・?」

「ありません」

「ないんですか」

信じられない

「ございません」

ガチャ  ツー ツー ツー

電話が切られた

思わずしゃがみ込んだ
信じられない
雨の中 思わず嗚咽が漏れる

行くところが無い

運ばれるであろうところを
自ら赴いただけなのに


ひとしきり泣いた

その後大きな道路に出て 再びタクシーをつかまえる
もと来た道を 再び戻る
タクシーの中で たびたび 涙をぬぐう

駅に着く
タクシーの運転手さんが 少しおまけをしてくれた
その日初めて触れた 他人の優しさだった

雨の中 自転車をこぐ
ずぶぬれで帰宅


夜中遅くにもかかわらず
母親と妹が起きて待っていてくれた

私はまた 優しい大事な家族に迷惑をかけてしまった

スポンサーサイト

テーマ:自殺、自殺未遂 - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント
no title
コメントありがとうございます。
全然不快じゃないですよ。
むしろ嬉しかったです。

雨はまだ降っています。
やむ日が来るかどうかはわかりません。
お互い 青空見たいですね。

うまく言えませんが 雨がやまずとも
心の中にでも 手のひらサイズの青空を持っていられたらいいですね。
案外 天候という大きいものを変えるのは
そういう自分の中の小さいものだったりするのかもしれませんね。

外が晴れていようが 雨であろうが
自分の中の小さな青空と仲良くつき合っていて
天候が気にならなくなったとき
気がつけば 外は晴れていたりするのかもしれません。

とりあえず 今は梅雨なので
雨宿りしながら のんびり待ちましょうか。
【2006/07/22 13:03】 URL | noir #- [ 編集]


連続で変なコメント失礼します。不快に思われたら承認なさらなくて結構です。

大変でしたね。雨ひどかったでしょう。
雨、止みそうですか?今は晴れてますか?
まだ、降り続けてますか?びしょ濡れになりましたか?
あなたに傘を届けてくれる人は見つかりませんか?

僕はどうすれば晴れるのか分かりません。
占い、祀り、迷信、思いつきでやってみるけど、効果がでません。
天候なんて僕の力でどうにもできないと悟って死ぬべきだったかもしれません。
だけど、ただ晴れた日が見たくて。青空がみたくて生きてます。
なかなか晴れないですけど。

【2006/07/20 02:31】 URL | ぶらうざ #3xs9owas [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nnoir.blog71.fc2.com/tb.php/49-7131e766
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

N.Noir

Author:N.Noir
ブラックホールは 本当は 地球や太陽とかと同じ 天体の一種 なんだって。
でも、その重力に 絶えられずに 崩れてしまうそうな。
崩れた天体は その重力ゆえに あたりのものを 次々 吸い込んでしまう。
これが ブラックホール。

でも、太陽なんかと比べ物にならないほど明るい天体 クエーサーは 実は ブラックホールの 一種だという・・・




最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。